issues.jp

§4-3 橋口五葉 ― 文系ロマン、理系ロマン

五葉

展覧会名:『大浮世絵展』

会場:江戸東京博物館

会期:2014年1月2日〜3月2日

《化粧の女》とおなじく、私家版として晩年に制作された。いわゆる大正新版画の特質がよく表れている。河瀬巴水の諸作とともに、スティーブ・ジョブズのコレクションとしても知られる。

江戸東京博物館ほか所蔵。

 

 

靖代アイコン  
 
――ああ。たしかに江戸の浮世絵より、写実的かも。顔も今風にほっそりして見えるから、親しみやすいね。

 

 

瑠未アイコン  
 
そう、いいこと言った。親しみやすい。西洋流の美意識にどっぷり浸っている現代のわたしたちには、典型的な浮世絵よりも、すんなりと受けいれやすい。  

 

 

靖代アイコン  
 
あの顔面神経痛みたいな歌舞伎役者のやつとか、どこがいいのか解らないんだけど。

 

 

瑠未アイコン  
 
写楽の大首絵かな?あれはあれですごいんだよ、大胆さと繊細さが同居していて。――さて、わたしがまず惹きつけられたのは、髪の毛の表現。

 

 

靖代アイコン  
 
細かいわ〜。一本一本、毛先まで神経がゆきとどいて、生きているみたい。そういえば、髪をとかしている雰囲気が西洋の女性みたいだね。 

 

 

瑠未アイコン  
 
おっ、鋭い。じつはこれ、同時代の画家ロセッティの、「レディ・リリス」っていう油絵が元ネタらしい。ちょうど左右を反転させた構図になっている。
 
 

 

靖代アイコン  
 
なるほど。映画監督のオマージュの手法と、似たようなことをやってたわけだ。  

 

 

瑠未アイコン  
 
そういうこと。小説や漫画やアニメもそうだけど、他作品からの影響に気づけたりすると世界が広がって、がぜん面白くなるよね。他には何かある? 

 

靖代アイコン  
 
手なんかも写実的だよね。あとは…着物の柄が細かい、ぐらいかなあ。それは江戸時代のも同じか。

 

 

瑠未アイコン  
 
画像だと、細部に気づきにくいしねえ。たとえば、両目の下。うっすらと桃色の隈があるでしょ?あと実物は、銀の背景も人物も、すべて雲母刷りになっていた。ラメラメ。
   
 

靖代アイコン  
 
ふうん、やっぱり画像を見てるだけじゃダメだね。    

 

 

瑠未アイコン  
 
この二つを意識したとき、わたしはこの作品の秘めたる物語性と、作家のたくらみが視えた気がした。――つまりですね、このひとは恋人と大ゲンカして、傘もささずに泣き濡れて帰ってきて、放心状態で髪を梳いているところなわけ。    

 

靖代アイコン  
 
おお〜。  

 

 

瑠未アイコン  
 
浮世絵の様式に基づきながら、じつは西洋リアリズムをも踏まえた表現に仕上がっている。このさりげなさが、お美事だよね。状態も摺りたてみたいで最高だったし、お持ち帰りしたかった〜。 

 

靖代アイコン  
 
和風に洋風をどう取り入れるについては、わたしたちよりも意識的かつ慎重だったんだろうね。まだ両者が、クッキリ分かれてる感じ。

 

 

瑠未アイコン  
 
そう、だからわたしは、この時代が好きなんだ。

 

 

靖代アイコン  
 
状態のよさには、雲母も一役買ってるかもね。素材として耐熱性があるから。

 

 

瑠未アイコン  
 
えっ。今でも使われてるの?
 
 

 

靖代アイコン  
 
もちろん。半田ごての絶縁体とか。装飾目的としても、車の塗料とか、口紅だってそうでしょ。

 

 

瑠未アイコン  
 
やっぱり鉱物って、ロマンがあるねえ。鉱物研究をしてる知り合いはいないの? 

 

 

靖代アイコン  
 
いるよ。会ってみる?   

 

 

瑠未アイコン  
 
つねにどこかの渓谷で、採掘してる感じ? 

 

 

靖代アイコン  
 
まあ、フィールドワークの時なんかはね。
こないだは、北海道へ砂金を採りに行ってたよ。   

 

 

瑠未アイコン  
 
いいな〜、楽しそう。レアな水草なんかは、お金にならないの?

 

 

靖代アイコン  
 
ものによっては、高いよ。一株数万円するやつもある。

 

 

瑠未アイコン  
 
じゃあそれを採取してきて、売りさばけばいいじゃん。

 

 

靖代アイコン  
 
国産のはそれほど高値はつかないし、べつに金儲けしたいわけじゃない。そういう方向に時間と労力を費やしても、ロクなことないって。

 

 
瑠未アイコン  
 
でも非合法な草を育てるよりは、よっぽど健全じゃない?

 

 

靖代アイコン  
 
なるほど、って何言わすんだよ…。   

 

 

 
4-3

『橋口五葉』コラム
4-1

§4-1

4-2

§4-2

4-3

§4-3

4-4

§4-4

4-5

§4-5

© 2019 issues.jp . All Rights Reserved.