issues.jp

§3-5 ターナー ― 抽象化はキケンな万能薬

ターナー

 

展覧会名:『ターナー展』

会場:東京都美術館

会期:2013年10月8日〜12月18日

1833年のヴェネツィア滞在中に描いたスケッチをもとに、バイロンの詩から霊感をえて制作された。
「嘆きの橋」とは、左のドゥカーレ宮殿と右のパラッツォ・ディ・プリジョーニ(囚人の館)とをつなぐ、アーチ状の橋のこと。
宮殿内の尋問室においてみずからの行く末を宣告された罪人は、この橋をわたって牢獄へと収監された。
ロンドン・テート美術館蔵。

 

私はいまヴェニスの「嘆きの橋」に立つ かたえには宮殿、かたえには牢獄

ジョージ・ゴードン・バイロン『チャイルド・ハロルドの巡礼』(1818) 第4篇第1連

 

瑠未アイコン

 

そういえば、激マズラーメンは記憶に新しいでしょ?

 

 

靖代アイコン

 

まだ舌に、なまなましい味覚が残ってるよ。

 

 

瑠未アイコン

 

じゃあ、Gラーメンのほうは?

 

 

靖代アイコン

 

そういうラーメンがあるみたいに言うな。なにこれ?と思って、箸で黒いのをつまみ上げた瞬間の気色悪さは覚えてるよ。でもラーメンの中身とか、ペコペコしてた店員の顔はもう忘れた。

 

瑠未アイコン

 

どうでもよかったし、記憶から消去しかったからだよね。お店のイスの形とか、隣のお客の様子とかの情報も、いらないと思った。

 

靖代アイコン

 

まあラーメンにGがインしてたってだけで、充分でしょ。

 

 

瑠未アイコン

 

それでこの絵なんだけど、フラットにみてまず気になったのが、前方の影の部分。そこから周囲にいくと、ひとも建物もことごとく崩れていることに気づいて、不吉な印象をもった。

 

靖代アイコン

 

たしかに、影に目がいく。画家ならちゃんと、そういう効果を計算するんだろうね。

 

 

瑠未アイコン
わたしたちが小説の舞台を訪れるみたいに、ターナーもバイロンの詩に萌えてヴェネツィアに旅して、「嘆きの橋」を観た。七年後。いざ描こうとしたら、まず浮かんだ鮮やかな記憶は、水面にゆらめく影の群れだったとしたら。――けっこうショッキングだよね。それを大胆に、感覚的に表現してみたい、と思ったのかも。

 

靖代アイコン

 

まあ、想像するのはキミの自由さ。

 

 

 

瑠未アイコン

 

ゆえに、黒い影の記憶を抽象化して鮮烈に表現した、という意味では、J.M.W.ターナーも、山奈靖代も同じなのである。

 

 

靖代アイコン

 

わたしのしょうもない経験と、いっしょにしたら失礼だろ。でも印象派とかより先に、そのコンセプトで描いたんだとしたら面白いね。

 

 

瑠未アイコン

 

『ヴェネツィア:翳の印象』っていうタイトルでもいけそう。

 

 

靖代アイコン

 

もうよそうよ、悪夢を耕やすのは。もう一本飲まない?あんたの好きなのでいいよ。

 

 

瑠未アイコン

 

げっ、空いてる!いつの間に…。――それなら、白がいいかな。このドイツワイン、茶色のボトルも、ラベルも奇麗。すみません、これって美味しいですか。

 

 

マスター:ラインガウ地方のものですね。上品な甘みがあって美味しいですよ。アルコール度数が低いので、飲みやすいですし。

 

瑠未アイコン

 

じゃあ、お願いします。

 

 

靖代アイコン

 

ほんと、見た目だけで決めるよね。

 

 

瑠未アイコン

 

見た目がすべて。でもハンサムかどうかより、表現様式が好みかどうか、ってことだからね。

 

 

靖代アイコン

 

いちいち念を押さなくてもいいよ。

 

 

瑠未アイコン

 

すこしでも、イメージを挽回しようと思って。

 

 

靖代アイコン

 

いやだから、もうバレてるし…。

 

 

 

 

3-5

 
 
 

『ターナー』コラム
3-1

§3-1

3-2

§3-2

3-3

§3-3

3-4

§3-4

3-5

§3-5

3-6

§3-6

© 2019 issues.jp . All Rights Reserved.