issues.jp

『つれづれアート漫想』について

 

これは、きまじめなお遊びです。

 
あなたは美術展を、どのように楽しんでいますか。
わたしは、すべての展示物のなかから、あえて一つだけ選りすぐってみるのが好きです。

お持ち帰りして家に飾れるとしたら、どれがいい?
傑作かどうかとは関係なしに、いちばん「気が合う」作品は?
創作のネタとして、埋蔵量が豊富そうなのは?

気まぐれな条件にみごと合致する作品があったら、よく観察して、記憶に刻みつけておく。
そうすることによって、自分のためになる養分を、効果的に摂取できている気がするのです。

ここでとり扱っているのは、そういう「私物化」した作品たちです。
ふつうにレビューするだけでは面白くないため、以下のような趣向を取り入れることにしました。
 

① くわしい背景情報よりも、表層的なディテールに注目する
「この作品の歴史的意義は…」「制作時期による画風の変遷は…」
「題名の由来は…」「コンセプトは…」
真剣に観ようとすればするほど、ついつい考えはじめる頭。いったん空っぽになって、
目の前の「もの」を観てみたい。腕にしっくりなじむ喫茶店の天然木カウンターのように
心惹かれる作品と純粋にふれあってみたら、個性的な解釈のための豊富な情報を
得ることができるのではないか。

② 脈絡のなさそうな、他の表現ジャンルと関連づけてみる
ミュシャの版画と、ビョークのコンサート。
ターナーの油絵と、激マズラーメン。
レンブラントの大作と、アクアリウムのコンテスト。
「自分のなかに、印象的な記憶として保存されている」という点では、いずれも共通している。
組み合わせてみることによって、作品をユニークな視点から捉えなおすためのヒントが
見つけられるのではないか。

③ モノローグではなく、ダイアローグにする
私のプロデュースする作家・淺川瑠未(あさかわ るみ)さんと、お姉さんの山奈靖代(やまな やすよ)さんに
自分の代わりに好き勝手に喋ってもらう。感覚派 vs 理性派、あるいは文系 vs 理系、という対立軸を
導入することによって、思いがけない化学反応が生まれるのではないか。

 
こんなことをやってどんな意義があるのかは、自分でも判りません。
一人のもの書き/アート系翻訳者による、ささやかなる実験です。
くだらないことやってんな、と御笑覧いただければ幸いです。

それぞれの記事の冒頭には、作品画像と、簡単な説明のみを付しました。
その作品について、あなたは何を感じとっているのか。
二人の対話を読む前に、ちょっと考えてみていただけると面白いかもしれません。

 
 

登場人物紹介

 

瑠未アイコン淺川 瑠未(あさかわ るみ)

東京都出身。
都内のわりと有名な洋服・インテリア・雑貨等の輸入販売店に勤務。
暇さえあれば、あちこちの美術館や名画座に通っている。
まち歩きが好きで、古い喫茶店がオアシス。いい年こいて文学少女気質がまったく
抜けず、しょっちゅう空想の世界へ羽ばたいている、困った社会人。ちかごろ
明らかにオーナーから怒られる回数が減ってきたので、危機感を抱いている。
とはいえ趣味が高じてか、とうとう最近、作家デビューを果たしたらしい。

座右の銘は「暑さ寒さも彼岸まで」。

 

靖代アイコン山奈 靖代(やまな やすよ)

佐賀県の離島出身。
某大学院にて生物学研究室をうけもつ准教授。水草やアクアリウムが好き。
美術には門外漢ながら、鋭敏な知性とまっとうな良識の持主であり、妹の無責任であいまいな物言いは見逃さない。
自他ともに認める酒好きであり、ワインと日本酒には目がない。「非合理なことはきらい」と言っているが、気まぐれにぶらりとアウトドアに出かけたり
アナログな機械式時計が好きだったり、はたから見ると例外はけっこうある。

座右の銘は「清く正しく生涯愛煙」。

 
 

プロフィール下部用

挿画担当:おとないちあき

 
 
 

© 2019 issues.jp . All Rights Reserved.