issues.jp

§4-3 橋口五葉 ― やっぱり鉱物っていいねえ

五葉

展覧会名:『大浮世絵展』

会場:江戸東京博物館

会期:2014年1月2日〜3月2日

《化粧の女》とおなじく、私家版として晩年に制作された。最高の技術と最上の材料との結晶体であり、いわゆる大正新版画の精髄をよくあらわしている。河瀬巴水の諸作とともに、スティーブ・ジョブズのコレクションとしても知られる。

江戸東京博物館ほか所蔵。

 

 

靖代アイコン  
 
――ああ、確かに江戸時代の浮世絵よりも写実的な気がする。顔も今風にほっそりしてるし、親しみやすいね。

 

 

瑠未アイコン  
 
そういいこと言った、親しみやすい。西洋流の美意識にどっぷり浸っている現代のわたしたちには、典型的な浮世絵よりもスッと受けいれられる。  

 

 

靖代アイコン  
 
あの顔面神経痛みたいな歌舞伎役者の絵とか、どこがいいのか解らないんだけど。

 

 

瑠未アイコン  
 
写楽の大首絵かな?あれはあれですごいんだよ、大胆さと繊細さが同居していて。とにかく、わたしがまず惹きつけられたのは髪の毛の表現。一本一本が生きてるみたいでしょ。

 

 

靖代アイコン  
 
細かいわ〜。そういえば、髪をとかしている様子が西洋の女性みたいだね。 

 

 

瑠未アイコン  
 
おっ、鋭い。じつはこれ、同時代の画家ロセッティの「レディ・リリス」っていう油絵が元ネタになってるみたい。ちょうど左右反転させたみたいな構図になっている。
 
 

 

靖代アイコン  
 
なるほど、映画監督と似たようなことやってたわけだ。  

 

 

瑠未アイコン  
 
そういうこと。小説や漫画もそうだけど、他の作家の影響が見えてくるようになるとがぜん面白くなるよね。他には何かある? 

 

靖代アイコン  
 
手なんかも写実的だよね。あとは…着物の柄が細かい、ぐらいかなあ。

 

 

瑠未アイコン  
 
まあ画像だとどうしても細部に気づきにくいから、しょうがないか。両目の下、うっすらと桃色の隈のようなものがあるでしょ?プラス実物をみると、銀色の背景も人物もふくめて全体が雲母刷りになっていた。ラメラメってこと。
   
 

靖代アイコン  
 
ふうん、やっぱり印刷だとダメだね。    

 

 

瑠未アイコン  
 
そんでもってこの二つを意識してはじめて、この作品の秘めている物語性と作家のたくらみが見えてくる。――つまりですね、この女性は想いびとと大ゲンカして傘もささずに雨のなかを泣き濡れて帰ってきて、目を腫らしたまま放心状態で髪を梳いているところなわけ。    

 

靖代アイコン  
 
おお〜。  

 

 

瑠未アイコン  
 
お見事なのは、表むきは伝統的な浮世絵の約束ごとをなぞりつつ、じつは無表情をふくめたあらゆる点で、西洋リアリズムにのっとった作品にもなっていること。このさりげなさが渋いんだよね。状態も摺りたてみたいで最高だったし、お持ち帰りしたかった〜。 

 

靖代アイコン  
 
なるほどねえ。和に洋をいかにして混ぜ込むかについては、今の人よりも意識的で慎重だったんだろうね。まだ二つがクッキリ分かれてる感じ。

 

 

瑠未アイコン  
 
そう、だからわたしはこの時代が好きなんだ。

 

 

靖代アイコン  
 
状態がいいのは、耐熱素材の雲母を使ってるせいもあるんじゃない?

 

 

瑠未アイコン  
 
えっ、今でも使われてるの?
 
 

 

靖代アイコン  
 
ふつうに使われてるよ。半田ごての絶縁体とか。 

 

 

瑠未アイコン  
 
そうなんだ、やっぱり鉱物っていいねえ。鉱物の研究をしている知り合いとかいないの? 

 

 

靖代アイコン  
 
いるよ。会ってみる?   

 

 

瑠未アイコン  
 
つねにどこかの渓谷で採掘してる感じ? 

 

 

靖代アイコン  
 
まあ、そんな感じかな。なんか北海道で砂金が採れるらしいよ。いい小遣い稼ぎになるって。   

 

 

瑠未アイコン  
 
いいな〜、楽しそう。レアな水草はお金にならないの?

 

 

靖代アイコン  
 
ならないよ、草だもん。 

 

 

瑠未アイコン  
 
じゃあお金になる草を育てればいいじゃん。

 

 

靖代アイコン  
 
なるほど、って何言わすのよ…。   

 

 

 
4-3

『橋口五葉』コラム
4-1

§4-1

4-2

§4-2

4-3

§4-3

4-4

§4-4

4-5

§4-5

© 2018 issues.jp . All Rights Reserved.