issues.jp

§4-4 橋口五葉 ― 夭折の天才、みたいな?

五葉

展覧会名:『大浮世絵展』

会場:江戸東京博物館

会期:2014年1月2日〜3月2日

《化粧の女》とおなじく、私家版として晩年に制作された。最高の技術と最上の材料との結晶体であり、いわゆる大正新版画の精髄をよくあらわしている。河瀬巴水の諸作とともに、スティーブ・ジョブズのコレクションとしても知られる。

江戸東京博物館ほか所蔵。

 

 

瑠未アイコン  
 
わたしは今まで、絵を見ながらストーリーを思い描くのと小説を映画みたいにイメージしつつ読むのとは、なんとなく違うことのように考えていた。でも小説の朗読っていうまた別の形式を味わってみて、けっきょくどれも表現方法が違うだけなんだって実感したんだよね。

 

 

靖代アイコン  
 
書かれた文章を読むほうが受動的なように思いがちだけど、そんなことないわな。

 

 

瑠未アイコン  
 
与えられた物語の種をいかに自分なりに育てながら楽しむか、という点ではどれも同じだからね。

 

 

靖代アイコン  
 
抽象画とか、物語性のないやつはどうするの?

 

 

瑠未アイコン  
 
それこそ、その人しだいだよ。いみじくも「物語性」と言ったけど、物語の種はその気になれば、どんな形式のどんな作品の中にも見つけられると思う。繊細な白身魚の刺身を味わうみたいに、難易度の高いものもあるけど。

 

 

靖代アイコン  
 
でも、べつに無理して見つけなくたっていいわけでしょ?ただひたすら文章の上手さや絵具の色の美しさを味わう、みたいに。

 

 

瑠未アイコン  
 
あくまで本人の自由だからね。でもわたしはやっぱり、物語性ゆたかな小説や写真や映画を読み解くのが好きだなあ。あまりにもわざとらしい、ゴテゴテしたやつはイヤだけど。
 
 

 

靖代アイコン  
 
要所要所でいちいち泣いたりわめいたりする映画とか?

 

 

瑠未アイコン  
 
最近の日本映画に多いのはなんでだろうね。つつしみ深い国民性のはずなのに。 

 

 

靖代アイコン  
 
一つの「国民性」とやらで一くくりにできないでしょ、今の日本人は。

 

 

瑠未アイコン  
 
だね。とにかくわたしは『髪梳ける女』的な、ほのかに匂わせる感じが好きだな。
   
 

 

靖代アイコン  
 
ずっと版画ばっかり作ってた人なの?  

 

 

瑠未アイコン  
 
ずっとというか、40歳で早世してるから。これを作った1年後、大正10年没。これから今までにないような版画をどんどん作るぞ!って張り切ってたと思うから、つくづく残念だよね。    

 

靖代アイコン  
 
そうだったんだ。志半ばっていうのは無念だろうな。 

 

 

瑠未アイコン  
 
でもだからこそ、後世にまで鮮烈な印象を残しているのも事実だよね。まあ作家と作品は、切り離して考えなきゃいけないんだけど。

 

靖代アイコン  
 
夭折の天才、みたいな?

 

 

瑠未アイコン  
 
死んだらもう年取らないしね。その人の年老いた姿は存在しない。

 

 

靖代アイコン  
 
じゃああたしも早世しようかな、再来年あたりに。

 

 

瑠未アイコン  
 
じゃあ腕時計のコレクションはわたしに頂戴ね。
 
 

 

靖代アイコン  
 
いいよ。遺影の写真は、縄文杉のまえで撮ったやつにしてね。

 

 

瑠未アイコン  
 
顔をアップにしたら、そんなの分かんないじゃん。

 

 

靖代アイコン  
 
アップになんかしなくていいよ。ふつうの記念写真と同じでいいの。 

 

 

瑠未アイコン  
 
ああ、それもいいね。自分のご面相をまじまじと見られるのもなんか照れちゃうし。

 

 

靖代アイコン  
 
爽やかな笑顔の写真とかマジでやめて欲しいわ、もう死んでるのに。

 

 

瑠未アイコン  
 
いっそのこと、変顔がいいんじゃない?なごやかなお焼香になるよ。

 

 

靖代アイコン  
 
ある意味嫌がらせだな、それ…。

 

 

 
4-4

『橋口五葉』コラム
4-1

§4-1

4-2

§4-2

4-3

§4-3

4-4

§4-4

4-5

§4-5

© 2018 issues.jp . All Rights Reserved.