issues.jp

2いずれ菖蒲か杜若

2 いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)

Abstract

 

止めたいのなら、殺してください。

 

時は江戸時代。
みなしごとして隠棲の兵法者・笙庵に育てられたアヤメは、
長ずるに及びその才を見こまれ、公儀直属の暗殺組織・白狼(ハクロウ)の
一員となった。

世の平安を、維持するために。
それが旗印だった。
いつしか、えりぬきの精鋭となっていた。

だがある出来事を切っかけに、からくり仕掛けのこころの鎧が崩壊し、
ひととしての感情が溢れだす。
目をそらし続けていた、はかりしれない罪業の負債。
襲いくる、はげしい良心の苛責。

おりしも、反乱鎮圧のための京都行で道づれとなった
メンバーのシジマもまた、不穏な気配をまとっていた…。

命のやりとりと、エンターテインメント。
テンションとスリルと、人間の業。
シンプルゆえに残酷な前近代日本で展開する、
ツンデレアクション時代劇。

 

Fragments

 

1 宿業
なぜ?これも、ひとの世の報いか。ひたぶるに見詰めあう。朧月。花びらの淡雪。憚られるまばたき。明けそめる前に、決める。鴉からす。梟ふくろう。首切螽蟖くびきりぎす。ええい、耳障りな。あっ!猛襲に無条件反射。沈黙。無傷。飛沫。さようなら。鮮血の沁みこむ絨毯、待ちわびた邂逅。

 

2 弛緩
まぼろしは消えて、凡庸な林。繁みでカラコロ。挙手にて応答。ぐるりと囲む、アヤメ文様の提灯の群れ。あからさまになる現場。きわどかった、か。形式的問答後、後始末。わたしはひま人。物色。回収。白刃の洗浄。柄杓で注ぐお清めの水、うすめて大地の源へ。撤収。水溜りには滲んだ満月。

 

3 独歩
日本橋。かまぼこの頂で擦れちがう子供たち、やわいかまいたち。真新しい〆飾りの行列、目に沁みる葬列。歳末の淀み、浮世の営み、すりぬけて泳ぐ陰気なお遣い。浮わついていても沈んでいても、ひとつびとつがお江戸の点景。鮭の帰還は、ふるさとの川の風物詩。逆走、それがわたしの分担。

 

4 葛藤
庶民には無縁の領域。まばらな人影。ひろやかな樹影。…へんぺいな影でいたかったのに。澄明な青墨に、鮮明な白墨をぶちまけられた。陰惨な吉報を手に、聖域へ。濡れた露地。潜りぬけて触れる新鮮な畳。雄弁な茶釜。ねぎらいの羊羹。濃茶。鴉の羽ばたき。いつだって、口を切るのは狸から。

 

5 命令
ちらついてきたな。…この歳で雪合戦に興じていては、ますます冥途が近くなる。隠遁なされては。おまえには、解るまい。静ひつな一服。新年早々すまんが、もうひと仕事だ。またぞろ、口封じですか。白狼を、召集する。退散する鴉。西方に、擾乱の兆しあり。蛇の道は蛇ですか。毒には毒だ。

 

6 暇乞
青山の草庵。来し方との対面。どうした。懐旧の念に憑かれたか。判りません。親しい水の音。その紅玉は。指環という舶来品です。前庭ではしゃぐ雀たち。…死ぬ気か。お赦しを。待て。艶やかな螺鈿の文箱。玄陽殿より預かっていた。これも、形見と聞いた。渓流のほとりはチャンバラごっこ。

 

7 旅上
けわしい峠の茶屋。ほほを刺す純粋な寒風。お待ちどうさま。同年輩かしらん。一服。馴染の気配。よう。活発な往来。お呼びでなくても腐れ縁、と。きしむ腰掛。喰われる饅頭。京都へ道づれだ。…そう渋るなよ。なぜ?命令。久しぶりに、剣劇で小遣いでも稼ぐかい?斬込み隊長のアヤメさん。

 

8 離脱
おぼろ月夜の松林。先にたつ蛍めいた提灯。後続に二人。雲隠れ。案内人が血祭り、反射的に飛びのく。一瞥。穏やかに納刀。…おれは、降りる。ばかな!そんなことが…。無論、娑婆には戻れん。厳かな梟。謹んで御報告つかまつれよ。今から、野良になる。灯りの置土産。闇に溶けてゆく背中。

 

9 敵陣
闇夜の談合。影を背負う車座。ハクロウ?…白い狼、か。黒づくめの癖に、悪い冗談さ。御公儀じきじきに暗殺部隊でおもてなしとは、有難くて涙がでるね。つまる所、アヤメだ。奴を潰して出鼻をくじく。変名か?ただ、そう呼んでいた。…変り身の早いことだ。習性さ。おれは、野良猫らしい。

 

10 返答
鋭利な二日月。…以上。アヤメ、ヨダカ、嵯峨野まで先行しろ。リスクは避け、可能な限り戦力を削げ。了解。質問は?シジマへの対処は。そんな者は存在しない。深海の論理に、大樹のざわめき。よし行け。八角の陣地。八張の提灯。八様の戦支度。返すぞ。鬼灯の簪。触りたくもない、ってさ。

 

11 口上
蝙蝠との再会。完膚なきまでに潰された、か。解っていたはずだ。…変わったな?何が。ひとの目になった。無意識の抜刀。まあ待てよ。世間話をする暇はない。場ちがいな軽佻浮薄。まどろんだ眼。阿片か。…堕ちたな。爆笑。堕ちるもくそもあるのか、今更?さあ、来いよ。顔のある人間だぞ。

 

12 決断
逆袈裟。どうした、浅いぞ。上腕。どうだ?前腕。血の通った過去の?黙れ!ヒャハハハ!左眼に突き。刈り、心地は。忌々しい急所回避。止まらない震え。観てやるぞ…。猪突猛進から羽交い締め。オマエノォ!薙ぎ払い。闇に舞う飛沫。シ、ニガヲ…モ。汗みずく。初の戦慄。続いている凝視。

 

13 堕落
金輪際、まっぴらだ。消えるなら、夜の奈落の底がいい。ふと蓋をとる螺鈿の文箱。わたしのいない歳月の記録。母上。…島原。この世の見納めに、生地巡礼?朗らかな自嘲。シジマの表情。浄められない余韻の染みつく體が動く、足が向く。暗闇に逆らう、人造の極楽。吸いよせられる紅殻格子。

 

14 異客
真夜中からの来客。集まる視線。暗い洗練、異風の佇まい。どきな、あたしの御客だよ。お泊まり?可能であれば。可能ですとも。坪庭を巡る廊下。艶めいた香。お酒は?経験がない。熱燗、つけとくれ。…お前さん、おなごかい。宿賃は、お支払します。ふうん。べつに、どっちでもいいけどね。

 

15 夢魔
無人の回廊。等間隔の燭台。踏みしめる鶯張り。切ってある鯉口。四方にめぐらす神経の触手。彼方が闇に融けている広間。右と左の襖には、一つらなりの山水画。突然ひらく真横。反射する體。認識の瞬間、喉笛を切断。対話する瞳と瞳。…ははうえ。崩折れる、金襴緞子。浸してゆく血溜まり。

 

16 同類
ひらけば、見下ろされている。緋色の襦袢。重なる面影。…だいぶ魘されたね。助け起こされる、虚ろな肉體。拭われてゆく、忌わしい汗。清めるように、沁みてくる冷気。漂うている、懐かしげな香気。青い瞳に、触れる舌先。何を視たんだい?…野暮だったね。ひとっ風呂、浴びるといいよ。

 
 
 

© 2019 issues.jp . All Rights Reserved.