issues.jp

7 幻像のアルバム

7幻像のアルバム

Abstract

 
 

淺川瑠未の人生における「ほんとうにあった」エピソードたちです。

「母の遺品を姉と整理していたら、昔の写真のつまったアルバムが沢山発見されました。
お酒を飲みながらひと晩徹夜で語りあった時のことを、想い出しながら書いたものです。」

メインストーリー、わけても『古都ものがたり』『ふる郷にて』を読み解く上で
おおいに役にたつとか、たたないとか。

 

Fragments

 

1 京都の因と縁
なに探してるの?アルバム。卒業祝いに連れていってくれたじゃん、京都。ああ。雪のなか、方向音痴の人力車に乗ったっけ。金閣寺にも辿りつけないとか、ありえないよね。あった。娘二人のおもいで達が、神経質な線画で覆いつくされている。センチメンタルな母親だ。ゆるしてあげな。うん。

 

2 沖縄旅行初日
記憶の多重露光。構図を無視した、だいだいの肖像。暑かったなぁ。大学時代?そう、映研のみんなと。空港からハイだったのにいの一番がひめゆりの塔で、しんみりしちゃって。なんか、いたたまれないな。献花のとき寸劇調で、ふざけてたからかな。現像してびっくり。焼増しは、しなかった。

 

3 ある夏の夕方
玄関脇に生えてたね、この樹。チビ助だなあ。お姉ちゃんは幾つ?中学2年かな、年の差が出るよね子供は。笑えよ。公園に行ったんだよ、おばさんるみちゃん借りてくね、って。憶えてる。盆踊り用の朝顔の浴衣も。クジ引きの神様事件も?怖かったなあ。ついてるって、憑いてるってことかもね。

 

4 お婆ちゃんとお姉ちゃん
喫煙姿、ほんとそっくり。脚の組みかた、指の形も。穏やかな顔だこと。わたしと会うと、ツンケンしてた。嫌われてた?避けられてた、のかな。どうして。気味がわるいからでしょ。そうかなあ。子供の自分が、孫になって会いに来るんだよ。早々に駄目出しされたみたいじゃない、己の人生に。

 

5 うりふたつ
ユニークな百鬼夜行だね。島のお祭りらしいよ。こっちでしょ、おばさん。こんなときは愛想よく笑いそう。分かってらっしゃる。なんでそっくりな着物、着せるかなあ。双子だから。だから、なぜ。可愛いから?お人形だよね、結局。ハレの日に刷り込まれるなんて、残酷だな。無表情な片われ。

 
 
 

© 2019 issues.jp . All Rights Reserved.