issues.jp

§2-1 ミュシャ ― ビョークのどこが好きなの?

アルフォンス・ミュシャ『イヴァンチッツェの思い出』1903

ミュシャ

展覧会名:『ミュシャ展』
会場:森アーツセンターギャラリー
会期:2013年3月9日〜5月19日

イヴァンチッツェ市は、ミュシャの故郷。

チェコ共和国東部に位置する。

原画はパリ時代に描かれた水彩画で、のちに市がポストカードとして発行した。

イヴァンチッツェ市蔵。

 

瑠未アイコン

 

ビョークのコンサートに行ってきたよ〜。

 

 

靖代アイコン

 

独りで?

 

 

瑠未アイコン

 

いちいち突っ込まないでくれる…。

 

 

靖代アイコン

 

そういえば昔から好き好き言ってたっけ。まあ、あんたみたいな人種の総元締めみたいな感じがするもんね。

 

 

瑠未アイコン

 

私みたいな人間の総元締めかどうかはわからないけど、すごく好きだな。

 

 

靖代アイコン

 

ビョークのどこが好きなの?

 

 

瑠未アイコン
一言でいうと「筋金のとおった、斬新なハイブリッド感」かな。
新作ごとにどんどん変わっていくミュージシャンが好きなんだけど、この人もいろんなジャンルの音楽を大胆に取り入れて、なんなく自分流にまとめ上げちゃう。正直あまりいいとは思えない作品もあるけど、いつも驚かせてくれるってだけでも応援したくなるんだ。

 

靖代アイコン

 

でもあの歌声は、ビョークってすぐわかるよね。

 

 

瑠未アイコン

 

それがつまり「筋金のとおった」ということ。耳覚えのない電子音ばっかりの斬新なトラックのなかでも、あの人の声が一番きわ立つんだよね。いかにも人間の歌声って感じの、天真爛漫で、なまなましい声。

 

靖代アイコン
ちょっと聴いたことがあるだけだけど、デジタルで無機質な雰囲気のなかで叫んだりささやいたりしてて、なんか不気味だったな。それにあのビジュアルでしょ。

 

 

瑠未アイコン

 

うん。一種のホラーだよね。誤解を恐れずにいえば、あの音と声とは、べつに調和していないのかも。どんなに奇抜な音でもねじ伏せて、引き立て役にしちゃえるんだと思う。ああいういかれた不可解さは、ちょっと他では味わえないよ。
それを生で体験してきたわけさ。

 

靖代アイコン

 

どんな感じだったの?

 

 

瑠未アイコン
とりあえずオープニングは「サンダーボルト」っていう曲だったんだけど、檻に入れられた巨大電磁コイルみたいな物体(注:楽器です)が上から降りてきて、高圧電流をバリバリ放射させながら歌ってた。そのバリバリが視覚的に美しいし、ちゃんとメロディにもなってるの。

 

靖代アイコン

 

バカだねえ。

 

 

瑠未アイコン

 

バカでしょ。でも、絶対にあの人にしかできないけどね。まあ今日はビョークがお題じゃないから、くわしくはまた今度。

 

 

2-1

 
 
 

『ミュシャ』コラム
2-1

§2-1

2-2

§2-2

2-3

§2-3

2-4

§2-4

© 2018 issues.jp . All Rights Reserved.