issues.jp

§2-1 ミュシャ ― ビョークのどこが好きなの?

アルフォンス・ミュシャ『イヴァンチッツェの思い出』1903

ミュシャ

展覧会名:『ミュシャ展』
会場:森アーツセンターギャラリー
会期:2013年3月9日〜5月19日

イヴァンチッツェ市は、ミュシャの故郷。

チェコ共和国東部に位置する。

原画はパリ時代に描かれた水彩画で、のちに市がポストカードとして発行した。

イヴァンチッツェ市蔵。

 

瑠未アイコン

 

ビョークのコンサートに行ってきたよ〜。

 

 

靖代アイコン

 

独りで?

 

 

瑠未アイコン

 

また余計なツッコミを…。

 

 

靖代アイコン

 

そういえば、昔から好き好き言ってたっけ。
あんた系の、総元締めみたいな感じだもんね。

 

 

瑠未アイコン

 

わたしみたいな人間を
象徴してるかどうかはわからないけど、
すごく好きだな。

 

 

靖代アイコン

 

どういうところが?

 

 

瑠未アイコン
一言でいうと「筋金入りの斬新さ」かな。
どんどん変化してゆくミュージシャンが好きなんだけど、
ビョークも色々なジャンルの音楽をつぎつぎ取り入れては、
巧みに自分流にまとめ上げちゃう。

 

靖代アイコン

 

似たような成功例を繰り返すのが、いやなんだろうな。
「アーティスト気質」って言うんだろうけど、
そういうタイプは研究者でもいるよ。

 

瑠未アイコン

 

人間の声だけで作ったアルバムとか、
これはちょっと…っていう作品もあるけど、
つねに驚かせてくれる、ってだけでも応援したくなるんだ。
まあ正直、デビュー作から四枚目くらいまでが、一番好きだけどね。

 

靖代アイコン

 

あの歌声は、ビョークってすぐわかるよね。

 

 

瑠未アイコン

 

それがいわゆる「筋金」になるのかな。
ユニークな電子音の洪水のなかでも
あの歌唱は、とにかく際立つ。
いかにも人間が歌ってます、って感じの
天真爛漫で、なまなましい声。

 

靖代アイコン
ちょっと聴いたことがあるだけだけど、
あんたの言うとおり
デジタル音と生声のコントラストがすごくて、
正直いって不気味だったな。
それに、あのビジュアルでしょ。

 

 

瑠未アイコン
もはや一種のホラーだよね。
あえて言えば、あの音と声は
べつに調和していないのかも。
猛獣使いのいかれたお姫様って、素敵じゃん?
それを、生で体験してきたわけさ。

 

靖代アイコン

 

どんなステージだったの?

 

 

瑠未アイコン
1曲目は「サンダーボルト」っていう曲だったんだけど、
檻に入った超巨大電磁コイルみたいな物体が
ステージに降臨して、高圧電流をバリバリ放射する。
それをバックに歌ってた。
会場はなぜか、日本科学未来館。

 

靖代アイコン

 

阿呆だねえ。

 

 

瑠未アイコン

 

阿呆でしょ。
でも、彼女にしか絶対にできない芸当だけどね。
まあ今日はビョークがお題じゃないから、
くわしくはまた今度。

 

 

2-1

 
 
 

『ミュシャ』コラム
2-1

§2-1

2-2

§2-2

2-3

§2-3

2-4

§2-4

The following two tabs change content below.
アバター
【活動】アート系翻訳者。創作のさいには作家・淺川瑠未を演じます。365日マンダラノベル「#みぎわの夢」を連載中。本そのものを芸術作品と捉え、小説本をセルフプロデュースで制作しています。【嗜好】美術館・名画座・喫茶店に生息。竹久夢二、藤子不二雄、キャロル、ウルフ、ゴーリー、ボルヘス、小泉八雲、宮沢賢治に毒された仏教徒。
© 2019 issues.jp . All Rights Reserved.