issues.jp

§2-1 ミュシャ ― ビョークさまは猛獣使い

アルフォンス・ミュシャ『イヴァンチッツェの思い出』1903

ミュシャ

展覧会名:『ミュシャ展』
会場:森アーツセンターギャラリー
会期:2013年3月9日〜5月19日

イヴァンチッツェ市は、ミュシャの故郷。

チェコ共和国東部に位置する。

原画はパリ時代に描かれた水彩画で、のちに市がポストカードとして発行した。

イヴァンチッツェ市蔵。

 

瑠未アイコン

 

ビョークのコンサートに行ってきたよ〜。

 

 

靖代アイコン

 

独りで?

 

 

瑠未アイコン

 

また余計なツッコミを…。

 

 

靖代アイコン

 

そういえば、昔から好きだって言ってたな。
あんたみたいなタイプの総元締めみたいな感じだもんね。

 

 

瑠未アイコン

 

わたしみたいなやつの代表かはわからないけど、
自然と惹きつけられるミュージシャンなのは確か。

 

 

靖代アイコン

 

どういうところに?

 

 

瑠未アイコン
一言でいうと「筋金入りの斬新さ」かな。
個性がありつつもスタイルを柔軟に変化させてゆくひとが好きなんだけど、
ビョークも色々な音楽をとりいれつつ、自分流にまとめ上げるのがうまい。

 

靖代アイコン

 

似たような成功例ばっかりくり返すのが、いやなんだろうな。
「アーティスト気質」って言うんだろうけど、そういうタイプは研究者にもいるよ。

 

瑠未アイコン

 

人間の声だけで構築したアルバムとか、これはちょっと…っていうのもあるけど、
いつも新鮮な驚きをくれる、ってだけでも応援したくなるんだ。
まあ正直、本当に好きなのは90年代ごろまでの作品だけどね。

 

靖代アイコン

 

あの歌声は、ビョークってすぐわかるよね。

 

 

瑠未アイコン

 

それがいわゆる「筋金」になるのかな。ユニークな音のなかでもきわ立つ、
いかにも人間が歌ってますって感じの、天真爛漫な、なまなましい声。

 

靖代アイコン
デジタル音と生声のコントラストがすごいから個人的には正直、不気味。
それにあのビジュアルでしょ。

 

 

瑠未アイコン
もはや、一種のホラー。あの音と声ってある意味、調和してはいないのかもね。
ただ、うまいこと従えている。猛獣使いのいかれたお姫様って、素敵じゃん?それを生で体験したわけさ。

 

靖代アイコン

 

どんなステージだったの?

 

 

瑠未アイコン
1曲目は「サンダーボルト」っていう曲だったんだけど、
檻におさめられた近未来的な物体が、曲に合わせて美しくバリバリ放電する。
それをバックに熱唱なさってた。

 

靖代アイコン

 

いかれてるねえ。

 

 

瑠未アイコン

 

まあ、彼女にしか具現化できない空間だったね。
今日はビョークがお題じゃないから、くわしくはまた今度。

 

 

2-1

 
 
 

『ミュシャ』コラム
2-1

§2-1

2-2

§2-2

2-3

§2-3

2-4

§2-4

© 2019 issues.jp . All Rights Reserved.