issues.jp

§2-2 ミュシャ ― あんたちょっとやってみそ

アルフォンス・ミュシャ『イヴァンチッツェの思い出』1903

ミュシャ

展覧会名:『ミュシャ展』
会場:森アーツセンターギャラリー
会期:2013年3月9日〜5月19日

イヴァンチッツェ市は、ミュシャの故郷。

チェコ共和国東部に位置する。

原画はパリ時代に描かれた水彩画で、のちに市がポストカードとして発行した。

イヴァンチッツェ市蔵。

 

瑠未アイコン

 

――で、今回はこれなんですけど。ミュシャの『イヴァンチッツェの思い出』。

 

 

靖代アイコン

 

まさに不思議ちゃん全開みたいな絵だな…。

 

 

瑠未アイコン

 

この女の人がすごい場違いな感じでしょ。それがどうしても気になって。

 

 

靖代アイコン

 

ダークな雰囲気なのに、幸せそうだよね。現実逃避しているというか。

 

 

瑠未アイコン

 

私はこの人、魔女なんだと思った。背景が古城みたいだし、わらわら群がっている蝙蝠は、彼女のしもべ。そういうゴシック的な景物に囲まれて、なぜかうっとりと――タイトルによれば――追憶にひたっている。でもあまりミュシャっぽくないし、なんでこんな絵を描いたんだろ、って。

 

靖代アイコン

 

この背景はお花畑のほうが似合いそうなポーズと、周囲とのギャップがおかしいんだろうな。あんたちょっとやってみそ。

 

 

瑠未アイコン

 

えっ、何を。

 

 

靖代アイコン

 

このポーズを。

 

 

瑠未アイコン

 

え〜っ、こんな感じ?…はいっ!

 

 

靖代アイコン

 

………。

 

 

瑠未アイコン

 

………。

 

 

靖代アイコン

 

……くくくく、バッカみたい。

 

 

瑠未アイコン

 

……ケンカ売ってんの?

 

 

靖代アイコン

 

いや何が言いたいのかというとだね、私はそんなポーズ人生で一度たりともやったことがないし、今後も罰ゲーム以外でやることはないだろう、ってこと。

 

 

瑠未アイコン

 

ドラマチックに誇張された演出ってこと?

 

 

靖代アイコン

 

そうそう。映画とかでも、そういう大げさな演技をみると笑っちゃうんだよね。どうせ作り話なんだから28世紀に飛ぼうが幽霊が出てこようがいいんだけど、なんていうの?そういう不自然さは気に食わない。

 

瑠未アイコン

 

あ〜、わかるかも。

 

 

靖代アイコン

 

ミュージカルも苦手だな。みんな真顔でふつうに会話していたのに、いきなり歌い出すじゃない?あれがどうしても駄目でさ。いくらでもゲラゲラ笑っていいんなら観るけど。

 

瑠未アイコン

 

そんなことしたら、まわりのお客に白い目で見られちゃうよ…。

 

 

靖代アイコン

 

やっぱり?まあ古今東西、そういう誇張ぎみの芸術っていくらでもあるだろうから、好みの問題なのかな。

 

 

瑠未アイコン

 
あざとく演出された人間のふるまいを、受け入れられるかどうかだね。わたしも大袈裟な身ぶりとか台詞は苦手なんだけど、ミュシャのこの作品はお花畑ポーズが周囲のダークさにうまく相殺されているからアリだし、取り合わせとして面白いと思った。それこそ「過激なハイブリッド感」だよね。

 

 

2-2

 
 
 

『ミュシャ』コラム
2-1

§2-1

2-2

§2-2

2-3

§2-3

2-4

§2-4

© 2018 issues.jp . All Rights Reserved.