issues.jp

§1-1 ラファエロ ― でも顔は好みなんでしょ?

ラファエロ・サンツィオ『自画像』1504-1506

ラファエロ

展覧会名:『ラファエロ』
会場:国立西洋美術館
会期:2013年3月2日~6月2日

21〜23歳ごろのラファエロの自画像。フィレンツェ滞在初期、生家のあるウルビーノに帰郷したさいに描かれたと言われている。制作者が本人かどうか疑われていたが、近年の科学的調査により、ほぼ真筆であるとの確証が得られた。フィレンツェ・ウフィツィ美術館所蔵。

 

瑠未アイコン
記念すべき最初のお題は、ラファエロの自画像です。
入ってすぐの所にあったんだよね。
もちろん『大公の聖母』も『無口な女』も 観たけど、けっきょく気に入ったのはこれ。

 

靖代アイコン

 

ほんと面食いだよね、あんたって。

 

 

瑠未アイコン
えっ、関係ないよ。私が気に入ったのは、顔のほかはラフに描かれている雰囲気がいいとか、黒と茶の色調が渋いとか、そういう理由だもん。
あと金をあしらった豪華な額も、絵によく合っていたし。

 

靖代アイコン

 

でも顔は好みなんでしょ?

 

 

瑠未アイコン

 

まあ、そうだけど…。

 

 

靖代アイコン

 

じゃあ描かれているモデルが好みだってことは、どれくらい評価に影響しているの?

 

 

瑠未アイコン
そう言われても難しいなあ…。 まずぱっと見で「むっ、奇麗な顔」と思ったのは確かかな。でも同時に好きな作風ということもわかっていて、じっくり観ていくうちにだんだん具体的な理由が見えてきた、って感じ。
ルックスが影響したのは第一印象だけだよ。根本的には、作風に惹かれたんだから。

 

靖代アイコン
ふうん。「何が描かれているか」よりも「どう描かれているか」の方が重要だということ?

 

 

瑠未アイコン

 

そうそう。画風の問題。

 

 

靖代アイコン
本当にそう言い切れる?じゃあこのラファエロがものすごい不細工だったらどうするの?もう、きったなくて目を背けたくなるぐらい。
それでも「画風が好みだから」この絵が好きになれる?

 

瑠未アイコン

 

……ごめんなさい無理っす。

 

 

靖代アイコン

 

それごらんな。

 

 

瑠未アイコン
評論家じゃないしね。画風が好み、しかもルックスも好みっていう相乗効果で、他のもっと出来のいい絵をさし置いてもこの一枚、というほど高評価になったんだと思う。

 

靖代アイコン

 

芸術作品としての客観的な評価と、自分の趣味とは必ずしも一致しない、というわけ。

 

 

瑠未アイコン
うん。すごく上手でもなぜか好きになれない絵もあるし、その逆もある。
しかもそういう好き嫌いって洋服を選ぶのとおなじで、 ほぼ見た瞬間に判っちゃうんだよね。私は図録とかを見ながら、惹かれた理由をあとであれこれ考えるのも好きだけど。たいして好きじゃない作品でもきちんと公平に評価するのって、大変そう。

 

 

1-1

 
 
 

『ラファエロ』コラム
1-1

§1-1

1-2

§1-2

1-3

§1-3

1-4

§1-4

1-5

§1-5

© 2018 issues.jp . All Rights Reserved.