issues.jp

§1-1 ラファエロ ― でも、好みなんでしょ?

ラファエロ・サンツィオ『自画像』1504-1506

ラファエロ

展覧会名:『ラファエロ』
会場:国立西洋美術館
会期:2013年3月2日~6月2日

21〜23歳ごろのラファエロの自画像。フィレンツェ滞在初期、生家のあるウルビーノに帰郷したさいに描かれたと言われている。制作者が本人かどうか疑われていたが、近年の科学的調査により、ほぼ真筆であるとの確証が得られた。フィレンツェ・ウフィツィ美術館所蔵。

 

瑠未アイコン
記念すべき最初のお題は、
ラファエロの自画像です。
今回の展示の、一番手でもあった。
『大公の聖母』も
『無口な女』も良かったけど、
けっきょく気に入ったのはこれ。

 

靖代アイコン

 

面食いだねえ。

 

 

瑠未アイコン
それ、関係ないから。
写実感とラフ感のバランスとか、
洗練された陰鬱なトーンとか、
そういうのがポイントだもん。
あと、シンプルな絵画にあえて
豪奢な額を合わせていたのも、
センスいいなと思ったし。

 

靖代アイコン

 

でも、好みなんでしょ?

 

 

瑠未アイコン

 

まあ、そうだけど…。

 

 

靖代アイコン

 

じゃあその事実は、
どれくらい評価に影響しているの?

 

 

瑠未アイコン
う〜ん…。
ぱっと見で「むむ、美形」とは思ったよ。
でも作風そのものに惹かれたからこそ、細部をよく観てその原因を突きとめようと思った。
根本的には絵の雰囲気と、それを演出している技術が好きなんだと思う。

 

靖代アイコン
「なにが描かれているか」より
「どう描かれているか」の方が重要だということ?

 

 

瑠未アイコン

 

そうそう。スタイルの問題。

 

 

靖代アイコン
本当にそう言い切れる?
じゃあこのひとが、ただのオッサンだったら?
それでも「画風が好みだから」これを選んだ?

 

瑠未アイコン

 

……選んで、ないな。

 

 

靖代アイコン

 

そらみろ。

 

 

瑠未アイコン
評論家じゃないしねえ。
描きかたに共鳴する&モデルも好み、っていう相乗効果で
他をさし置いてもこの一枚、
という評価になったんだと思う。

 

靖代アイコン

 

けっきょく、あんたの趣味ってことか。
作品のクオリティの客観的評価じゃなくて。

 

 

瑠未アイコン
そうだね。
すごく上手くても惹かれない絵はあるし、その逆もある。
そういうのって洋服を選ぶのとおなじで、
ほぼ一瞬で判っちゃうんだよね。
わたしは図録を見ながら、理由をあれこれ考えるのも好きだけど。
私情を交えずに公平に評価するのって、大変だよね。

 

 

1-1

 
 
 

『ラファエロ』コラム
1-1

§1-1

1-2

§1-2

1-3

§1-3

1-4

§1-4

1-5

§1-5

The following two tabs change content below.
アバター
【活動】アート系翻訳者。創作のさいには作家・淺川瑠未を演じます。365日マンダラノベル「#みぎわの夢」を連載中。本そのものを芸術作品と捉え、小説本をセルフプロデュースで制作しています。【嗜好】美術館・名画座・喫茶店に生息。竹久夢二、藤子不二雄、キャロル、ウルフ、ゴーリー、ボルヘス、小泉八雲、宮沢賢治に毒された仏教徒。
© 2019 issues.jp . All Rights Reserved.