issues.jp

§1-3 ラファエロ ― 見どころはわたしが決める

ラファエロ・サンツィオ『自画像』1504-1506

ラファエロ

展覧会名:『ラファエロ』
会場:国立西洋美術館
会期:2013年3月2日~6月2日

21〜23歳ごろのラファエロの自画像。
フィレンツェ滞在初期、
生家のあるウルビーノに帰郷したさいに
描かれたと言われている。
制作者が本人かどうか疑われていたが、
近年の科学的調査により、
ほぼ真筆であるとの確証が得られた。
フィレンツェ・ウフィツィ美術館所蔵。

 

靖代アイコン

 

それで?これがあんたにとっての
ラファエロの傑作、ってわけだ。

 

 

瑠未アイコン
傑作――ではないね。優れた出来ばえの作品は、他にいくつもあったし。
『無口な女』なんて、衣服の襞からなにから、
比較にならないほど丹念に描きこまれていた。
この自画像は、淡白だよね。
ラフでシンプルなものに惹かれがちなんだろうな。

 

靖代アイコン

 

プラス、モデルのルックスにもね。

 

 

瑠未アイコン

 

おっしゃる通りでござんす。
妄想ポイントも、かなり高めだし。

 

 

靖代アイコン

 

なにそれ。

 

 

瑠未アイコン

 

右目の下のあたりをよ〜く観てみて。
黒い涙が、すうっと流れ落ちているみたいじゃない?
無表情とのコントラストに、ぐっと来るわけよ。

 

 

靖代アイコン

 

どれどれ。(眼鏡を着用)
…なるほど、そう見えなくもない。
よくそんなどうでも――豊かな想像力が働くねえ。

 

 

瑠未アイコン

 

鼻筋や首筋あたりのヒビ割れも、いい風情なんだよね。
実物を肉眼で観ないと分かりづらいけれど。

 

 

靖代アイコン

 

ヒビずきなの?

 

 

瑠未アイコン
うん、けっこうヒビフェチ。
数百年という時の流れや、繊細なガラス細工のはかなさを想わせる。
目と鼻の先のこれが本物なんだよなあって、しみじみできるし。

 

靖代アイコン

 

まあ言ってみれば、木戸銭を払って見世物小屋に入ってるわけだから、
観ているだけでそれだけ楽しめたら幸せだわな。

 

 

 

1-3

 
 
 

『ラファエロ』コラム
1-1

§1-1

1-2

§1-2

1-3

§1-3

1-4

§1-4

1-5

§1-5

© 2019 issues.jp . All Rights Reserved.