issues.jp

§1-3 ラファエロ ― なにこの薄っぺらい絵

ラファエロ・サンツィオ『自画像』1504-1506

ラファエロ

展覧会名:『ラファエロ』
会場:国立西洋美術館
会期:2013年3月2日~6月2日

21〜23歳ごろのラファエロの自画像。フィレンツェ滞在初期、生家のあるウルビーノに帰郷したさいに描かれたと言われている。制作者が本人かどうか疑われていたが、近年の科学的調査により、ほぼ真筆であるとの確証が得られた。フィレンツェ・ウフィツィ美術館所蔵。

 

靖代アイコン

 

それで、瑠未にとってのラファエロの傑作はこれなんだ。

 

 

瑠未アイコン
傑作――じゃないと思う。さっき言ったように、よくできた絵は他に沢山あったから。『無口な女』なんか、衣服のしわの陰影からなにから、すごく丹念に描き込んであったし。そういう古典的傑作と比べるとこの自画像は、絵としての見応えも薄いよね。個人的にこういうラフでミニマルよりの表現が好きなだけ。だから「なにこの薄っぺらい絵」と言われても否定できません。

 

靖代アイコン

 

あと顔が好みだから、でしょ。

 

 

瑠未アイコン

 

へーへー、おっしゃる通りです。あとこの絵は、妄想ポイントも高いんだ。

 

 

靖代アイコン

 

なにそれ。

 

 

瑠未アイコン

 

両目の下のあたり、よく見てみてよ。すーっと黒い涙を流してるみたいに見えるでしょ。無感情のまま泣いているみたいで、ぐっと来ませんか。

 

 

靖代アイコン

 

どれどれ。(眼鏡をかける)
…ほんとだ。よくそんなくだら――いや、奔放な想像力が働くねえ。

 

 

瑠未アイコン

 

鼻筋や首筋あたりのヒビもちょうどそれらしく見えて、何ともいえずいい感じなんだよね。

 

 

靖代アイコン

 

ヒビずきなの?

 

 

瑠未アイコン
うん、けっこうヒビフェチかも。いかにも時の経過を感じさせるし、こういう美しい顔がとつぜんビシッと崩壊する瞬間、みたいなはかなさもある。それに、絵そのものの実在感。いままさに目の前で本物を見てるんだなあ、としみじみ思えるんだよね。この気分は、図版では味わえないよ。

 

靖代アイコン

 

まあいわば見世物小屋に金払って入ってるわけだし、それだけ楽しめれば幸せだわな。

 

 

 

1-3

 
 
 

『ラファエロ』コラム
1-1

§1-1

1-2

§1-2

1-3

§1-3

1-4

§1-4

1-5

§1-5

© 2018 issues.jp . All Rights Reserved.