issues.jp

§1-2 ラファエロ ― 私は両方やってるよ

ラファエロ・サンツィオ『自画像』1504-1506

ラファエロ

展覧会名:『ラファエロ』
会場:国立西洋美術館
会期:2013年3月2日~6月2日

21〜23歳ごろのラファエロの自画像。フィレンツェ滞在初期、生家のあるウルビーノに帰郷したさいに描かれたと言われている。制作者が本人かどうか疑われていたが、近年の科学的調査により、ほぼ真筆であるとの確証が得られた。フィレンツェ・ウフィツィ美術館所蔵。

 

靖代アイコン
美術評論って、よく感想めいたものも書いてあるじゃない?
理系のわたしからすれば、
こじつけみたいに思えちゃうんだけど。

 

 

瑠未アイコン

 

個人としての解釈が入ってくる時点で、
たしかに100%客観的に書くことはムリだよね。

 

 

靖代アイコン

 

人間の感覚を悦ばせることが芸術の目的なら、
アートファンであればあるほど、
客観的に観るのはナンセンス?  

 

 

瑠未アイコン
それはちがうよ。
たとえば歴史的背景や技術にまつわる知識は、
感覚的な悦びを増強してくれるし。
きれいだね〜かわいいね〜うまいね〜
だけじゃなく、冷静によく観ないと得られない
おいしい視覚情報だってある。

 

靖代アイコン

 

ちなみにアートの客観的な評価基準って、どんなの?  

 

 

瑠未アイコン
たとえば西洋由来なら、美術史はもちろん、
図像解釈学とか、美学とか。
ある一つの作品を相対的に評価するために、
さまざまな尺度が生み出されてきた。
まあ、理系で求められる厳密さとは別物だろうけれど。

 

靖代アイコン

 

そういう観点を忘れて、観てみたいわけだ。

 

 

瑠未アイコン

 

そうしたいんだけどね〜。
ちょうど美術評論の逆で、
100%主観的になることもまた、
難しいのかも。

 

靖代アイコン  

けっきょく作品を観ているのは
計測機械じゃなくて、生身の人間てことか。
だから主観的に感覚の世界に溺れたり、
時には客観的な理性を重んじたりする。

 

瑠未アイコン
そうだね。
個人差はあれど、
誰もがその両方を使い分けている。
勝手に妄想するのも、本でお勉強するのもおもしろい。
私は両方やってるよ。    

 

 

1-2

 
 
 

『ラファエロ』コラム
1-1

§1-1

1-2

§1-2

1-3

§1-3

1-4

§1-4

1-5

§1-5

The following two tabs change content below.
アバター
【活動】アート系翻訳者。創作のさいには作家・淺川瑠未を演じます。365日マンダラノベル「#みぎわの夢」を連載中。本そのものを芸術作品と捉え、小説本をセルフプロデュースで制作しています。【嗜好】美術館・名画座・喫茶店に生息。竹久夢二、藤子不二雄、キャロル、ウルフ、ゴーリー、ボルヘス、小泉八雲、宮沢賢治に毒された仏教徒。
© 2019 issues.jp . All Rights Reserved.