issues.jp

§1-2 ラファエロ ― 私は両方やってるよ

ラファエロ・サンツィオ『自画像』1504-1506

ラファエロ

展覧会名:『ラファエロ』
会場:国立西洋美術館
会期:2013年3月2日~6月2日

21〜23歳ごろのラファエロの自画像。フィレンツェ滞在初期、生家のあるウルビーノに帰郷したさいに描かれたと言われている。制作者が本人かどうか疑われていたが、近年の科学的調査により、ほぼ真筆であるとの確証が得られた。フィレンツェ・ウフィツィ美術館所蔵。

 

靖代アイコン
美術の世界はよくわからないけど、美術評論って、感想みたいなのもいっぱい書いてあるじゃない。プロもアマチュアも、個人の解釈によるもっともらしい理由づけをしている、という点では同じじゃないの?人間の感覚を悦ばせることが芸術作品の目的で、感覚的にたくさん悦ぶことがあるべき鑑賞者の姿なら、美術ファンであればあるほど客観的に観るなんてナンセンス、ってことにならない?  

 

瑠未アイコン
うーん、「たくさん感覚的によろこぶ」ために知ったほうがいいこともあるし、そういう知識をつかって客観的に観ないと得られない情報もあると思う。それは置いとくとしても、プロの評論は「その作品が美術史上のどの位置にあるのか、他の作品と比べて価値があるのかないのか、それは何故か」をなるべくみんなが納得できるように、時には科学的調査なんかも参考にしながら証明する、という目的もあるし。  

 

靖代アイコン  

美術にも客観的な評価基準があるということ?    

 

 

瑠未アイコン
うん。体系的な美術史はもちろん、美学とか図像解釈学とか、できる限り客観的であろうとするために生み出されてきた尺度の歴史的な積み重ねは、たいへんなものがあるよ。まあそれでも理系学問の厳密さとはやっぱり別物だし、作品の解釈となると、 けっきょく主観が入ってきちゃうんだけど…。かたやアマチュアは、「この作品は自分にとってなにを意味するのか」を大切にすればいいんだから楽だよね。楽しめればいいのだ。  

 

靖代アイコン  

自分ではアマチュアだと思ってるの?    

 

 

瑠未アイコン
アマの見方/プロの見方みたいな分け方はしっくりこないかな。感覚に遊ぶ主観的な見かたと、理性を重んじる客観的な見かたがあるってことだと思う。知識や経験に差はあれど、みんなその両方を使い分けながら鑑賞している。勝手に妄想するのも、研究書を読んでお勉強するのもおもしろい。私は両方やってるよ。    

 

 

1-2

 
 
 

『ラファエロ』コラム
1-1

§1-1

1-2

§1-2

1-3

§1-3

1-4

§1-4

1-5

§1-5

© 2018 issues.jp . All Rights Reserved.