issues.jp

§1-4 ラファエロ ― まあ芸術家なんだから

ラファエロ・サンツィオ『自画像』1504-1506

ラファエロ

展覧会名:『ラファエロ』
会場:国立西洋美術館
会期:2013年3月2日~6月2日

21〜23歳ごろのラファエロの自画像。フィレンツェ滞在初期、生家のあるウルビーノに帰郷したさいに描かれたと言われている。制作者が本人かどうか疑われていたが、近年の科学的調査により、ほぼ真筆であるとの確証が得られた。フィレンツェ・ウフィツィ美術館所蔵。

 

靖代アイコン

 

自画像ってよくあるけど、画家ってナルシストが多いのかな。

 

 

瑠未アイコン
絵を描いている自分が好き、というのが根本にあるんだろうね。それはフランシス・ベーコンみたいな、自虐的にみえる画家でも同じだと思う。まあ芸術家なんだから、作っている自分に陶酔できることは必要でしょう。

 

靖代アイコン

 

してみると彼は、そうとう顔に自信があったクチだな。

 

 

瑠未アイコン

 

そうだね。他の部分はざっくり描いて済ませているところなんか「見どころは僕の顔だけで充分でしょ」という風にもとれる。まあそういう倒錯した感情も想像して楽しむわけですよ。

 

靖代アイコン

 

あとこの絵、首の描きかたがおかしくない?

 

 

瑠未アイコン
変に盛り上がっているよね。それも気になった理由なんだけど。実物を右に左に動きながらみると、首をひねって視線がこっちを追いかけてくるように見えたんだ。そういう効果を狙ったのかも。

 

 

靖代アイコン

 

ルネッサンスのラファエロというと、写実の権化みたいな人じゃなかったのかね。

 

 

瑠未アイコン
わたしもそう思ってたんだけど。でもあからさまに輪郭をゆがめて描かれていたのは、この絵だけだった。この人、もしかしたら若いうちから自由な実験精神をもってたのかもね。いろいろに描いてみたい気持を抑えつけて仕事を続けていたんだとすると、早世せずに長生きしていたら、劇的に画風が変わっていたりして。この絵は頼まれ仕事じゃなくて自画像だから、ちょっと遊んでみたとか?
やっぱり傑作ではなくても、ユニークな一枚だと思う。ふつふつと煮えたぎる想いを、誰にも告げずに心のうちに秘め続けていたのかな。するとこの涙は……いや〜いいわぁ……。

 

靖代アイコン

 

やれやれ、あんたは長生きするよ。

 

 

 

1-4

 
 
 

『ラファエロ』コラム
1-1

§1-1

1-2

§1-2

1-3

§1-3

1-4

§1-4

1-5

§1-5

© 2018 issues.jp . All Rights Reserved.