issues.jp

§1-4 ラファエロ ― 自分が大好き、ええじゃないか

ラファエロ・サンツィオ『自画像』1504-1506

ラファエロ

展覧会名:『ラファエロ』
会場:国立西洋美術館
会期:2013年3月2日~6月2日

21〜23歳ごろのラファエロの自画像。
フィレンツェ滞在初期、
生家のあるウルビーノに帰郷したさいに
描かれたと言われている。
制作者が本人かどうか疑われていたが、
近年の科学的調査により、
ほぼ真筆であるとの確証が得られた。
フィレンツェ・ウフィツィ美術館所蔵。

 

靖代アイコン

 

自画像ってよくあるけど、
画家ってナルシストが多いのかな。

 

 

瑠未アイコン
絵を描くのに没頭しているときの自分が、好きなんだろうね。
フランシス・ベーコンみたいな自虐的にみえる画家でも、同じだと思う。
わたしも創作してると実感するけど、それくらい浸りこめないと長くは続かないよ。

 

靖代アイコン

 

このラファエロ君は、自信ありげだよね。

 

 

瑠未アイコン

 

だよね。暇だったから手慰みにちょっと描いてみたんだけど、悪くないでしょ?みたいな趣。
そういう背景も想像して楽しむわけですよ。

 

靖代アイコン

 

あとこの絵、首の描きかたがおかしくない?

 

 

瑠未アイコン
奇妙に盛り上がっているよね、それも気になった理由。
面白くてさ、実物を右へ左へ動きながら観てみると、
首をひねって視線が追いかけてくるように見えたんだ。
もともと丸め・太めに首を描くひとではあるんだけど、
ちょっと逸脱している。

 

 

靖代アイコン

 

ルネッサンスのラファエロというと、
すごく写実的な印象があるけど。

 

 

瑠未アイコン
一口に写実的といっても、いろいろだからねえ。
同時代のミケランジェロと比べてみても、ぜんぜん違うし。
意外と、アバンギャルド魂を秘めていたのかもね。
若くして技術は極めていたから、これからはどんどん実験するぞ!と
野心を煮えたぎらせていた矢先に、早逝してしまったのだとしたら。
その予兆が、意識的にか無意識的にか、この一枚の自画像に表れていた。
まてよ、するとこの涙は……いや〜いいわぁ……。

 

靖代アイコン

 

長生きするよ、あんたは。

 

 

 

1-4

 
 
 

『ラファエロ』コラム
1-1

§1-1

1-2

§1-2

1-3

§1-3

1-4

§1-4

1-5

§1-5

© 2019 issues.jp . All Rights Reserved.