issues.jp

§3-2 ターナー ― そんなら、…暗い。

 

ターナー

 

展覧会名:『ターナー展』

会場:東京都美術館

会期:2013年10月8日〜12月18日

1833 年のヴェネツィア滞在中に描いたスケッチをもとに、バイロンの詩から霊感をえて制作された。「嘆きの橋」とは左のドゥカーレ宮殿と右のパラッツォ・ディ・プリジ ョーニ(囚人の館)とをつないでいるアーチ状の橋のこと。宮殿内の尋問室においてみずからの行く末を宣告された罪人は、この橋をわたって牢獄へと収監された。

ロンドン・テート美術館蔵。

 

私はいまヴェニスの「嘆きの橋」に立つ かたえには宮殿、かたえには牢獄

ジョージ・ゴードン・バイロン『チャイルド・ハロルドの巡礼』(1818) 第4篇第1連

 

瑠未アイコン

 

というわけで、今日はターナーの『ヴェネツィア:嘆きの橋』です。

 

 

靖代アイコン

 

3回目にしてどうよ、この雑なつなぎかた。
先が思いやられるね。

 

 

瑠未アイコン

 

まあ、まだ駆けだしなんで、
生あたたかく見守ってくださいよ。

 

 

靖代アイコン

 

今回の絵は、なんかデカそうじゃない?

 

 

瑠未アイコン

 

大きいってほどでもないけど、前の二つよりはね。
68.6cm × 91.4cm だから。

 

 

靖代アイコン

 

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー。
ターナーって、イギリス人だっけ?

 

 

瑠未アイコン

 

そう、正確にはイングランド人。
一般に、イギリスで画家といえば
とりあえずターナーってくらいの、国民的画家。

 

 

靖代アイコン

 

財産をまるまる、国に寄付でもしたの?

 

 

瑠未アイコン

 

なぜそうなる…。
やっぱりお隣のライバル国、
フランスに対抗できるからねえ。
19世紀当時、イギリスは絵画の分野では
遅れをとっていたんだけど、
ターナーはフランスの印象派にも
影響を与えている。
日本人でいうと、ゴッホを驚嘆させた
北斎を積極的にアピールする、みたいな。

 

靖代アイコン

 

「知ってる?おれの高校、
ジョニー・デップが通ってたんだぜ」みたいな?

 

 

瑠未アイコン

 

…ちがうようでたしかに、
動機は通じてるのかも。

 

 

靖代アイコン

 

前の二つと違って、
一人の人間を描いてるんじゃないんだ。

 

 

瑠未アイコン

 

そういえばそうだね、風景のなかの群衆だよね。

 

 

靖代アイコン

 

今後も美形ばっかり登場するのかと思ってた。

 

 

瑠未アイコン

 

そういう主旨じゃないから!
それに今回のも、前の二つと共通点があるし。

 

 

靖代アイコン

 

どんなところが?

 

 

瑠未アイコン

 

どんなところでしょう。

 

 

靖代アイコン

 

ヨーロッパが舞台だ。

 

 

瑠未アイコン

 

ザックリしすぎ。

 

 

靖代アイコン

 

克明に描写された人物たちが、
画面を突き破らんばかりの迫力に満ちあふれている。

 

 

瑠未アイコン

 

満ちあふれてないし…。

 

 

靖代アイコン

 

じゃあ明日、来てくれるかな?

 

 

瑠未アイコン

 

いいとも!
――ちょっと、真面目にやれよ。
古いし。

 

 

靖代アイコン

 

古いのはおまえだろ。
――めんどうだなあ、
せっかく旨いワインを飲んでるのに。

 

 

瑠未アイコン

 

ぱっと見の印象でいいから。

 

 

靖代アイコン

 

そんなら、…暗い。

 

 

瑠未アイコン

 

えっ、なんでそう思った?

 

 

靖代アイコン

 

いや下のほうがさ、
なんか不穏な感じがするから。
前の二つも、ダークだったでしょ。

 

 

瑠未アイコン

 

当たってるなあ。
おどろおどろしいなって、まず思ったから。
水面の黒い船影がゾワゾワ這いのぼって、
船や人間に襲いかかろうとしているみたいで。
顔の表現も、穴が三つ空いてるだけだし。
ムンクチックというか。

 

靖代アイコン

 

(タブレットの画像を拡大して)
うわ、アップで見るとどろどろじゃん、ひとも建物も。

 

 

瑠未アイコン

 

実物は、もっとインパクトがあるんだけどね。
もともと水彩で繊細な風景画を描いていた
画家とは思えないくらい、
ワイルドなタッチの油絵。

 

靖代アイコン

 

うしろの建物、監獄なんでしょ?
タイトルも『嘆きの橋』だし。

 

 

瑠未アイコン

 

バイロンの詩に触発されたらしいんだけど、
「海洋帝国ヴェネツィアは、
ゆるやかな衰退の季節をむかえた。
しかしかつての栄華の名残りは、
いまだ街のおちこちに
その姿をとどめている」
みたいな内容なんだよね。

 

靖代アイコン

 

それなら、あんたの解釈にも
ピッタリはまるじゃん。
青空なのも、逆に不気味。

 

 

瑠未アイコン

 

そうそう。
いい陽気なのに下のほう大丈夫ですか!?
みたいなギャップが面白い。
襲いかかる黒い影の正体は、
たとえば『ベニスに死す』の疫病みたいな、
災厄の象徴ともとれるよね。
予感される、白昼堂々のカタストロフ!
いや〜いいわあ…。

 

 
3-1

『ターナー』コラム

3-1

 

§3-1

3-2

 

§3-2

3-3

 

§3-3

3-4

 

§3-4

3-5

 

§3-5

3-6

 

§3-6

The following two tabs change content below.
アバター
【活動】アート系翻訳者。創作のさいには作家・淺川瑠未を演じます。365日マンダラノベル「#みぎわの夢」を連載中。本そのものを芸術作品と捉え、小説本をセルフプロデュースで制作しています。【嗜好】美術館・名画座・喫茶店に生息。竹久夢二、藤子不二雄、キャロル、ウルフ、ゴーリー、ボルヘス、小泉八雲、宮沢賢治に毒された仏教徒。
© 2019 issues.jp . All Rights Reserved.