issues.jp

§3-2 ターナー ― 油彩のどろどろはヒュードロドロ

ターナー

 

展覧会名:『ターナー展』

会場:東京都美術館

会期:2013年10月8日〜12月18日

1833年のヴェネツィア滞在中に描いたスケッチをもとに、バイロンの詩作品からも霊感をえて制作された。「嘆きの橋」とは、左のドゥカーレ宮殿と右のパラッツォ・ディ・プリジョーニ(囚人の館)とをつないでいるアーチ状の橋のこと。宮殿の尋問室においてみずからの行く末を宣告された罪人は、この橋をわたって牢獄へと収監された。

ロンドン・テート美術館蔵。

 
 
 

私はいまヴェニスの「嘆きの橋」に立つ
かたえには宮殿、かたえには牢獄
(第4篇第1連)

ヴェニスに、タッソーの歌の響きはとだえて
歌もなく、ゴンドラの舟夫(かこ)は、黙(もだ)して漕ぎ
その殿堂は、水べに崩れてゆく
いまは、耳にひびく音楽もまれとなり
かのよき日は去ったが、
ーー美の面影はなおただよい
(第3連第1〜5行)

ジョージ・ゴードン・バイロン『チャイルド・ハロルドの巡礼』(1818)
阿部知二訳『バイロン詩集』(新潮文庫)

【参考資料】『ターナー展』図録 P177 セアラ・タフト氏による解説。
詩の引用元および引用箇所も、同頁に従った。

 
 
 

瑠未アイコン
 
というわけで、本日はターナーの『ヴェネツィア:嘆きの橋』です。

 
 
 

靖代アイコン
 
3回目にしてどうよ、この雑なつなぎかた。先が思いやられるね。

 
 
 

瑠未アイコン
 
まあまあ、駆けだしなもんで、生あたたかく見守ってくださいよ。

 
 
 

靖代アイコン
 
今回の絵は、なんかデカそうじゃない?

 
 
 
瑠未アイコン
 
大きいってほどでもないけど、前の二つよりはね。68.6cm × 91.4cm だから。
 
 
 

靖代アイコン
 
ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー。イギリス人だっけ?
 
 
 

瑠未アイコン
 
そう。英国の画家といえばまずターナーってくらいの、国民的画家。正確には、イングランド人だけど。
 
 
 

靖代アイコン
 
遺産をまるまる、国に寄付でもしたの?
 
 
 

瑠未アイコン
 
たしかに自分の手元にあった作品は死後、すべて国に遺贈しているけれど。あるアーティストが国民的存在になる理由か、おもしろいテーマだね。ターナーの場合はやっぱり、お隣のライバル国、フランスに対抗できるしねえ。モネをはじめとする印象派にも、影響を与えているから。ゴッホを驚嘆させた北斎を、日本が誇らしげにアピールする、みたいな?
 
 
 

靖代アイコン
 
それぞれの大学が、輩出した有名人を校風や伝統とからめて誇るみたいなもんか。
 
 
 

瑠未アイコン
 
たしかに、動機は通じてるかも。
 
 
 

靖代アイコン
 
前の二つと違って、一人の人間の絵じゃないんだ。
 
 
 

瑠未アイコン
 
そういえばそうだね、風景のなかの群衆だよね。
 
 
 

靖代アイコン
 
今後も美形ばっかり登場するのかと思ってた。
 
 
 

瑠未アイコン
 
そういう主旨じゃないから!それに今回のも、前の二つと共通点があるし。
 
 
 

靖代アイコン
 
どんなところが?
 
 
 

瑠未アイコン
 
どんなところでしょう。
 
 
 

靖代アイコン
 
ヨーロッパが舞台だ。
 
 
 

瑠未アイコン
 
ザックリすぎ。
 
 
 

靖代アイコン
 
克明に描写された人物たちが、今にも画面を突き破って飛び出さんばかりの迫力に満ちあふれている。
 
 
 

瑠未アイコン
 
満ちあふれてないし…。
 
 
 

靖代アイコン
 
じゃあ明日、来てくれるかな?
 
 
 

瑠未アイコン
 
いいとも!――ちょっと、真面目にやれよ。古いし。
 
 
 

靖代アイコン
 
この絵のほうが古いだろ。…めんどうだなあ、せっかく旨いワインを飲んでるのに。
 
 
 

瑠未アイコン
 
ぱっと見の印象でいいから。
 
 
 

靖代アイコン
 
そんなら、…暗い。
 
 
 

瑠未アイコン
 
えっ、なんでそう思った?
 
 
 

靖代アイコン
 
いや下のほうがさ、なんか不穏な感じがするから。前の二つも、ダークだったでしょ。
 
 
 

瑠未アイコン
 
当たってるなあ。おどろおどろしい、って思ったから。水面の黒い影がゾワゾワ這いのぼって、船や人間に襲いかかっているみたいで。顔の表現も、穴が三つだけだし。ムンクチックというか。
 
 
 

靖代アイコン
 
(タブレットの画像を拡大して)うわ、アップで見るとどろどろじゃん、ひとも建物も。
 
 
 

瑠未アイコン
 
実物はもっとインパクトがあったんだけどね。水彩で繊細な風景画も描いている画家とは思えないくらい、ワイルドなタッチの油絵。
 
 
 

靖代アイコン
 
うしろの建物、監獄なんでしょ?タイトルも『嘆きの橋』だし。
 
 
 

瑠未アイコン
 
バイロンの『チャイルド・ハロルドの巡礼』に触発されているらしい、というのは、後から知ったんだけど。冒頭の画像の下に引用した詩を、あらためて読んでみてよ。
 
 
 

靖代アイコン
 
…なるほど、あんたの感じた印象とマッチするじゃん。青空なのも、逆に不気味。
 
 
 

瑠未アイコン
 
そう。いい陽気なのに、下のほう大丈夫ですか!?みたいなギャップがおもしろい。影の正体は、たとえば『ベニスに死す』の疫病みたいな、災厄の象徴ともとれるよね。予感される、白昼堂々のカタストロフ!いや〜いいわあ…。

 
 
 

3-1

 
 
 

『ターナー』コラム
3-1

§3-1

3-2

§3-2

3-3

§3-3

3-4

§3-4

3-5

§3-5

3-6

§3-6

© 2019 issues.jp . All Rights Reserved.