issues.jp

§3-4 ターナー ― 記憶のなかのヴェネツィア

ターナー

 

展覧会名:『ターナー展』

会場:東京都美術館

会期:2013年10月8日〜12月18日

1833 年のヴェネツィア滞在中に描いたスケッチをもとに、バイロンの詩から霊感をえて制作された。
「嘆きの橋」とは左のドゥカーレ宮殿と右のパラッツォ・ディ・プリジ ョーニ(囚人の館)とをつないでいるアーチ状の橋のこと。
宮殿内の尋問室においてみずからの行く末を宣告された罪人は、この橋をわたって牢獄へと収監された。
ロンドン・テート美術館蔵。

 

私はいまヴェニスの「嘆きの橋」に立つ かたえには宮殿、かたえには牢獄

ジョージ・ゴードン・バイロン『チャイルド・ハロルドの巡礼』(1818) 第4篇第1連

 

瑠未アイコン

 

この絵って、
現地でリアルタイムで描いていないんだよね。
七年前に滞在した時の、スケッチを基にしている。

 

 

靖代アイコン

 

記憶のなかのヴェネツィアか。

 

 

 

瑠未アイコン

 

今の画家はふつうに
雑誌の写真を見て描いたりするけど、
似たような発想は19世紀前半にも
あったんだよね。
肉眼で確かめようがない
という縛りにたいして、
むしろ開き直っちゃってる。

 

 

靖代アイコン

 

想い出しながら描いたから
テキトーになったってこと?

 

 

 

瑠未アイコン

 

いやスケッチはあるんだから、
テキトーではないよ。
こうやって崩して描くほうが、
カッコいいと思ったんだよ。

 

 

 

靖代アイコン

 

写実的に描くんじゃなくて、
独自性を表現しようとしたってことか。

 

 

 

瑠未アイコン

 

ターナーはもともと、水彩使い。
滲みやぼかしで空気感を表現するという発想を
油絵にも応用できないか、
って考えたんじゃないかな。
その方向性を突きつめた結果、
かの『雨、蒸気、スピード』の境地に辿り着いた。

 

 

靖代アイコン

 

実物の縛りはない、
でもはるか異国には実在するし、肉眼でも見た。
だから大胆な挑戦ができたのかもね。
たとえば逆に、宗教画って
この世にない世界を描いているけど、
だからこそ克明に描きたいのかも。

 

 

瑠未アイコン

 

天国にしても地獄にしても、
あの世の記憶なんてないからね。

 

 

 

 
3-4

 
 
 

『ターナー』コラム
3-1

§3-1

3-2

§3-2

3-3

§3-3

3-4

§3-4

3-5

§3-5

3-6

§3-6

The following two tabs change content below.
アバター
【活動】アート系翻訳者。創作のさいには作家・淺川瑠未を演じます。365日マンダラノベル「#みぎわの夢」を連載中。本そのものを芸術作品と捉え、小説本をセルフプロデュースで制作しています。【嗜好】美術館・名画座・喫茶店に生息。竹久夢二、藤子不二雄、キャロル、ウルフ、ゴーリー、ボルヘス、小泉八雲、宮沢賢治に毒された仏教徒。
© 2019 issues.jp . All Rights Reserved.