issues.jp

§3-4 ターナー ― この世の記録は生身の記憶

ターナー

 

展覧会名:『ターナー展』

会場:東京都美術館

会期:2013年10月8日〜12月18日

1833年のヴェネツィア滞在中に描いたスケッチをもとに、バイロンの詩作品からも霊感をえて制作された。「嘆きの橋」とは、左のドゥカーレ宮殿と右のパラッツォ・ディ・プリジョーニ(囚人の館)とをつないでいるアーチ状の橋のこと。宮殿の尋問室においてみずからの行く末を宣告された罪人は、この橋をわたって牢獄へと収監された。

ロンドン・テート美術館蔵。

 
 
 

私はいまヴェニスの「嘆きの橋」に立つ
かたえには宮殿、かたえには牢獄
(第4篇第1連)

ヴェニスに、タッソーの歌の響きはとだえて
歌もなく、ゴンドラの舟夫(かこ)は、黙(もだ)して漕ぎ
その殿堂は、水べに崩れてゆく
いまは、耳にひびく音楽もまれとなり
かのよき日は去ったが、
ーー美の面影はなおただよい
(第3連第1〜5行)

ジョージ・ゴードン・バイロン『チャイルド・ハロルドの巡礼』(1818)
阿部知二訳『バイロン詩集』(新潮文庫)

【参考資料】『ターナー展』図録 P177 セアラ・タフト氏による解説。
詩の引用元および引用箇所も、同頁に従った。

 
 
 

瑠未アイコン

 

この絵って、現地でリアルタイムで仕上げてはいないんだよね。七年前に滞在した時の、スケッチを基にしている。

 

靖代アイコン

 

記憶のなかのヴェネツィアか。

 

 

瑠未アイコン

 

今の画家はあたりまえに雑誌の写真を見ながら描いたりもするけど、目の前にモデルを置くことにこだわりすぎないという発想は、昔からあったんだよね。後から確かめようがないという縛りにたいして、開き直っちゃってる。

 

靖代アイコン

 

想い出しながら描いたから、細部がテキトーになったってこと?

 

 

瑠未アイコン

 

いや、じっくり観察した成果としてのスケッチはあるんだから、テキトーではないでしょ。こうやって崩して描くほうが、カッコいいと思ったんだよ。

 

靖代アイコン

 

写実性よりも独自性を重視した、ってことか。

 

 

瑠未アイコン

 

もともと水彩も大好きなひとだけに、油絵具の性質については、相対的によく理解できていたんじゃないかな。あれこれ工夫を凝らしつづけているうちに、二つの表現メディアが一人の画家のなかで個性的に融合して、最終的にはかの『雨、蒸気、スピード』のようなスタイルとして実を結んだ。

 

靖代アイコン

 

ちゃんと肉眼でも観たことがあるし、実物ははるか異国だから、変に縛られることはない。それで当時としては大胆な挑戦ができたのかもね。逆に宗教画って、この世にない世界がテーマだから、画風も保守的になりがちなのかな。

 

瑠未アイコン

 

それは一理あるな。天国や地獄の実景なんて、それこそ肉眼では確かめられないもんね。

 

 

 

 
3-4

 
 
 

『ターナー』コラム
3-1

§3-1

3-2

§3-2

3-3

§3-3

3-4

§3-4

3-5

§3-5

3-6

§3-6

© 2019 issues.jp . All Rights Reserved.