issues.jp

§3-4 ターナー ― 記憶のなかのヴェネツィア

ターナー

 

展覧会名:『ターナー展』

会場:東京都美術館

会期:2013年10月8日〜12月18日

1833 年のヴェネツィア滞在中に描いたスケッチをもとに、バイロンの詩から霊感をえて制作された。
「嘆きの橋」とは左のドゥカーレ宮殿と右のパラッツォ・ディ・プリジ ョーニ(囚人の館)とをつないでいるアーチ状の橋のこと。
宮殿内の尋問室においてみずからの行く末を宣告された罪人は、この橋をわたって牢獄へと収監された。
ロンドン・テート美術館蔵。

 

私はいまヴェニスの「嘆きの橋」に立つ かたえには宮殿、かたえには牢獄

ジョージ・ゴードン・バイロン『チャイルド・ハロルドの巡礼』(1818) 第4篇第1連

 

瑠未アイコン

 

この絵って、現地でリアルタイムで描いたわけじゃないんだよね。7年前にヴェネツィアに行ったときのスケッチを基にして描いた。

 

 

靖代アイコン

 

記憶のなかのヴェネツィアか。

 

 

 

瑠未アイコン

 

今の画家はふつうに雑誌の写真を見て描いたりするけど、似たようなことを19世紀前半にやってたんだからモダンだよね。ディテールを確かめようがないという縛りにたいして、むしろ開き直っちゃってる。

 

 

靖代アイコン

 

想い出しながら描いたからテキトーになったってこと?

 

 

 

瑠未アイコン

 

いや、スケッチはあるんだし近いイメージのモデルを探すこともできたんだから、テキトーに描いたわけじゃないよ。これがイケてる!と思ったんだよ。

 

 

 

靖代アイコン

 

自分なりの独自性を出そうとした、ってことか。

 

 

 

瑠未アイコン

 

ターナーってもともと、水彩使いなんだよね。滲ませたりぼかしたりして空気感を表現する技術を、高いレベルで身につけている。それを油彩にも活かそうと考えた結果なんじゃないかな。そうしてつかんだ感触をさらに突き詰めていった結果、かの『雨、蒸気、スピード』の境地にまで辿り着いた。

 

 

靖代アイコン

 

目の前にないから、思い切った挑戦ができたのかもね。でも遠い異国には実物がたしかに存在するし、自分の目で見たこともある。それがよりどころだったんじゃない?たとえば宗教画って、実在しない世界を描いているでしょ?この世にないものほど、写実的に描きたくなるのかもしれない。

 

 

瑠未アイコン

 

天国にせよ地獄にせよ、あの世の記憶なんて誰にもないからね。

 

 

 

 
3-4

 
 
 

『ターナー』コラム
3-1

§3-1

3-2

§3-2

3-3

§3-3

3-4

§3-4

3-5

§3-5

3-6

§3-6

© 2018 issues.jp . All Rights Reserved.