issues.jp

§3-3 ターナー ― あ、家電とはよく喋るか。

ターナー

 

展覧会名:『ターナー展』

会場:東京都美術館

会期:2013年10月8日〜12月18日

1833 年のヴェネツィア滞在中に描いたスケッチをもとに、バイロンの詩から霊感をえて制作された。「嘆きの橋」とは左のドゥカーレ宮殿と右のパラッツォ・ディ・プリジ ョーニ(囚人の館)とをつないでいるアーチ状の橋のこと。宮殿内の尋問室においてみずからの行く末を宣告された罪人は、この橋をわたって牢獄へと収監された。

ロンドン・テート美術館蔵。

 

私はいまヴェニスの「嘆きの橋」に立つ かたえには宮殿、かたえには牢獄

ジョージ・ゴードン・バイロン『チャイルド・ハロルドの巡礼』(1818) 第4篇第1連

 

靖代アイコン

 

(グラスを弄びつつ)
ふだんからそれくらい、喋ればいいのに。

 

 
瑠未アイコン

 

なっ。

 

靖代アイコン

 

わたしの友達と三人で、
ボリショイサーカスに行ったじゃん?
あの時も食い入るように観てるだけで、
ひとりでにやにやして。
クラシックの観客じゃないんだからさ。
あ、家電とはよく喋るか。

 

瑠未アイコン

 

この段階でバラさないでよ…。

 

 

靖代アイコン

 

いいじゃん、化けの皮なんて
すぐ剥がれるんだし。
ていうか、プロフィールですでにバレてるし。

 

 

瑠未アイコン

 

はやくも根暗っぷりが露呈したか…。
せっかくテンション上げて、頑張ってたのに。

 

 

靖代アイコン

 

だから、それよ。
スイッチオンで社交的になる術も身につけな、
もういい年なんだから。

 

 

瑠未アイコン

 

もう、私のことはいいってー。
とにかく、一見すると古典的なのに、
よく観ると不安定なところに惹かれたんだよね。
全体がひとつに溶けあっているみたいで。

 

 

靖代アイコン

 

19世紀には、ヴェネツィアの写真なんて
恐らくないだろうから、
この絵を見たひとは誤解しちゃったかもね。

 

 

瑠未アイコン

 

「水の都ヴェネツィアって、
運河のあちこちから瘴気がわいてるの!?」みたいな。

 

 

靖代アイコン

 

どこのナウシカだよ…。

 

 

 
3-3

 
 
 

『ターナー』コラム
3-1

§3-1

3-2

§3-2

3-3

§3-3

3-4

§3-4

3-5

§3-5

3-6

§3-6

The following two tabs change content below.
アバター
【活動】アート系翻訳者。創作のさいには作家・淺川瑠未を演じます。365日マンダラノベル「#みぎわの夢」を連載中。本そのものを芸術作品と捉え、小説本をセルフプロデュースで制作しています。【嗜好】美術館・名画座・喫茶店に生息。竹久夢二、藤子不二雄、キャロル、ウルフ、ゴーリー、ボルヘス、小泉八雲、宮沢賢治に毒された仏教徒。
© 2019 issues.jp . All Rights Reserved.