issues.jp

§3-5 ターナー ― 見た目がすべて

ターナー

 

展覧会名:『ターナー展』

会場:東京都美術館

会期:2013年10月8日〜12月18日

1833 年のヴェネツィア滞在中に描いたスケッチをもとに、バイロンの詩から霊感をえて制作された。
「嘆きの橋」とは左のドゥカーレ宮殿と右のパラッツォ・ディ・プリジ ョーニ(囚人の館)とをつないでいるアーチ状の橋のこと。
宮殿内の尋問室においてみずからの行く末を宣告された罪人は、この橋をわたって牢獄へと収監された。
ロンドン・テート美術館蔵。

 

私はいまヴェニスの「嘆きの橋」に立つ かたえには宮殿、かたえには牢獄

ジョージ・ゴードン・バイロン『チャイルド・ハロルドの巡礼』(1818) 第4篇第1連

 

瑠未アイコン

 

そういえば、
激マズラーメンはまだ記憶に新しいでしょ?

 

 

靖代アイコン

 

まだ舌に、なまなましい味覚が残ってるよ。

 

 

瑠未アイコン

 

Gラーメンのほうは?

 

 

靖代アイコン

 

そういうラーメンがあるみたいに言うな。
なにこれ?と思って、
箸で黒いのをつまみ上げたときの
気色悪さは覚えてるよ。
でもラーメンの中身とか、
ペコペコしてた店員の顔はもう覚えてない。

 

 

瑠未アイコン

 

どうでも良かったし、
忘れたかったからだよね。
椅子の形や、隣のお客の様子とかの
情報も、いらないと思った。

 

靖代アイコン

 

まあラーメンにGがインしてた
ってだけで充分でしょ、ネタ的には。

 

 

瑠未アイコン

 

それでこの絵なんだけど、
フラットにみてまず気になったのが、
前方の影の部分。
そこから周囲にいくと、さらに
ひとも建物もみんな崩れていることに気づいて、
不吉な印象をいだいた。

 

靖代アイコン

 

たしかに、影に目がいく。
画家ならちゃんと、
そういう効果を計算するんだろうね。

 

 

瑠未アイコン
わたしたちが小説の舞台を訪ねてみるみたいに、
ターナーもバイロンの詩に萌えて
ヴェネツィアに旅して、
「嘆きの橋」を観た。
七年後。
いざ描こうとしてみたら
浮かんでくる何より鮮やかな記憶は、
水面にゆらめく影の群れ
だったとしたら。
――けっこうショッキングだよね。
それを、大胆に感覚的に
表現してみたいと思ったのかも。

 

靖代アイコン

 

まあ、想像するのはキミの自由さ。

 

 

 

瑠未アイコン

 

ゆえに、黒い鮮烈な記憶、という
抽象的な主題を表現したかったという意味では、
ターナーもやっちゃんも同じである。

 

 

靖代アイコン

 

わたしのしょうもない経験と
いっしょにしたら失礼だろ。
でも印象派とかより前に、
そのコンセプトで描いたんだとしたら面白いね。

 

 

瑠未アイコン

 

『ヴェネツィア:翳の印象』
っていうタイトルでもいけそう。

 

 

靖代アイコン

 

もうよそうよ、悪夢を耕やすのは。
もう一本飲まない?
あんたの好きなのでいいよ。

 

 

瑠未アイコン

 

あっ、空!いつの間に…。
――それなら、白がいいかな。
このドイツワインとか、
茶色のボトルが奇麗。
すみません、これって美味しいですか。

 

 

マスター:ラインガウ地方のものですね。
上品な甘さがあって、美味しいですよ。
度数が低くて飲みやすいですし。
炭酸割りもおすすめです。

 

瑠未アイコン

 

あ、じゃあそれでお願いします。

 

 

靖代アイコン

 

ほんと、見た目だけで決めるよね。

 

 

瑠未アイコン

 

見た目がすべて。
でもハンサムかどうかより、
好みかどうか、ってことだからね。

 

 

靖代アイコン

 

いちいち念を押さなくてもいいよ。

 

 

瑠未アイコン

 

すこしでも、
イメージを挽回しようと思って。

 

 

靖代アイコン

 

いやだから、もうバレてるし…。

 

 

 

 

3-5

 
 
 

『ターナー』コラム
3-1

§3-1

3-2

§3-2

3-3

§3-3

3-4

§3-4

3-5

§3-5

3-6

§3-6

The following two tabs change content below.
アバター
【活動】アート系翻訳者。創作のさいには作家・淺川瑠未を演じます。365日マンダラノベル「#みぎわの夢」を連載中。本そのものを芸術作品と捉え、小説本をセルフプロデュースで制作しています。【嗜好】美術館・名画座・喫茶店に生息。竹久夢二、藤子不二雄、キャロル、ウルフ、ゴーリー、ボルヘス、小泉八雲、宮沢賢治に毒された仏教徒。
© 2019 issues.jp . All Rights Reserved.